統合医療について

| カテゴリー: 統合医療

ヨミドクターをぼんやり眺めていると良い コラム 健康関連情報を調べるのに便利なサイトを紹介します ” があったのでご紹介します。

その中で「統合医療情報発信サイト」の存在は、このコラムを通じて僕も初めて知りました。
3人に1人が、がんで亡くなると言われて久しいご時世、得体の知れない民間療法やサプリメントに委ねる前にご一読いただければ良いかな?と思います。(^_-)

多種多様な統合医療の中で僕が携わっている鍼灸についてのエピソードを一つご紹介します。

あはき養成校時、実技の授業を受け持っていた東京大学医学部付属病院のリハビリテーション科におられる(まだいるの?)粕谷大智先生が、昭〇天皇ががんで病気療養中、抗がん剤の副作用の一つ、嘔吐に苦しんでいた時、酔い止めのツボと言われている 内関 の話をしていざ試そうとした段階に来た時、東大病院に関っている職員ですら、そう易々と手を触れる事が出来なかったそうです。(笑)

粕谷先生のレクチャー後に、お偉い教授が内関に刺鍼したと授業の合間にお話をされていた事を今でもよく覚えています。

面白おかしくお話されるものだからその時、爆笑してましたっけ。

syuketu_naikan

 出典 sayakoaneko.xsrv.jp