クロワッサン7|25特大号

| カテゴリー: ダイエットボディビル

先週の水曜日、コンビニで腸活(ヨーグルトを飲むだけですw)と立ち読みしてたらマガジンハウス社の「クロワッサン」が目に留まり、パラパラとページをめくると良く出来ているなぁ~と感心させられ思わず購入。

マガジンハウスと言えば、「ターザン」なんかも読みますが、(ほぼ立ち読み…マガジンハウス社さん、スミマセン)編集部の方々が良く勉強されていて好感を持っていました。

ターザンは、身体を動かす事が好きな若年者を読者層としている印象がありますが、クロワッサンは、中年女性が主な読者層との印象を持っています。

さて、今回のクロワッサンの特集は、「賢く食べて、楽に痩せる」。

特に感心させらたページは、「たんぱく質と食物繊維を味方にすれば痩せられる!」。

このページには、糖質制限の他に肉、魚、卵、大豆製品といった4種類のたんぱく質のうち、毎食2種類のたんぱく質を組み合わせた摂取方法とたんぱく質と食物繊維の割合を半々にするという摂取方法を管理栄養士さんと作家の山口江似子さんの会話形式で紹介している。

次に良いと思ったページが、糖質を制限する時に

  • 「どんな糖質を食べてはいけないのか」
  • 「どんな糖質をを食べてよいのか」

を写真付きで、管理栄養士が解説している所。

解説を読めば理解も深まりますが、写真だけでも食べてよいのかどうかが、OKとNG で分かれていてすぐに覚えられると思います。

糖質制限については、テレビCMで話題になった某ザップが、根菜類や果物まで摂取しないとする食事法を推奨しているようですが、現役のボディビルダーにしろ引退したボディビルダーにしろ脂肪を極限まで落とす事を経験している人であれば、「糖質を取らないと脂肪が燃えない」という一つの知見を身をもって体験している方が多いと思います。

自分もそうでしたが、限られたカロリーの中でいかに良質の炭水化物を取るか? といった課題に「四訂版 日常食品食品成分早見表」を紐解き、蕎麦などを減量時に採用した事を今でも覚えています。

このブログを読まれている方も大事な身体なので、ダイエットをする時はなるべく最新の知見を見聞きし自分の身体へ応用していただければと思います。

クロワッサン
http://magazineworld.jp/croissant/

足立区を中心に訪問マッサージでお馴染みの星鍼灸マッサージ治療院 

IMG_4542IMG_4541