– 治療院探訪 – TiLeaf(ティリーフ)

| カテゴリー: 按摩・マッサージ・指圧治療院探訪

ご利用者は、自分の施術でどんな印象や感覚を覚えるのか自分の身体で確認したくなる事があり、時折、鍼や灸、徒手等による施術(あん摩・マッサージ・指圧)を受ける事があります。

今回、訪れた治療院は北青山で開業されている TiLeaf(ティリーフ)の庄司丈晃(しょうじともあき)先生です。
場所柄、芸能関係の方も訪れるようですが、ゴリゴリのボディビルダーやパワーリフター、その他のアスリートも顧客に抱えているようで腕の方も確かなようです。(TiLeaf(ティリーフ)ブログ

TiLeaf(ティリーフ)とは、直訳すると「ティーの葉」で良いのかな?
(後で確認したらネイリストの丹羽真由美先生が店名をつけてくれたそうで、意味は、ハワイの神聖な葉との事です)

庄司先生は、ビートたけしのTV番組「元気が出るテレビ」で有名になったジェット浪越の浪越学園をご卒業されてゴールドジム内の施術所で活躍された頃に知り合いました。もうかれこれ10年以上前の話です。(時が経つのは早い・・・)

浪越学園と言えば指圧ですね。庄司先生の手技も指圧を多用されて浪越圧点とか必ずやります。(笑)
この圧点を刺激すると男性機能云々~とネットで検索すると上位に出てきますが、個人的な印象ではかなり痛いんですが、押圧後何故か楽になったような感覚を覚える事があります。(この感覚の追求こそが勉強だと思うのですが、なぜそうなるのか仮説すら分からない状況です。スミマセン)

あん摩やマッサージまたは鍼、灸と言った物理的な刺激を身体に加わえると緊張した筋群が「緩む」という現象を施術者は経験していると思いますが、上行性神経路を経由して脳にどのような影響を与え、それが麻痺や拘縮した身体にどのくらい有用なのか?といった明確な答えは未だに誰も答えられていない。

自分が施術をしていると時折、苦しくなる。

その苦しさは、迷いであったり自信のなさであったりそれが臨界点に近くなると彷徨う。紀伊国屋書店へ、そして今回のように施術所へという具合に・・・

大分、暗い話になってきましたが、TiLeafは、女性によるネイルサロンも併設しており男性施術者は苦手と言われる女性も安心して施術を受けられると思います。

 

白を基調とした部屋になっています。

ネイルの丹羽真由美先生です。

表参道ヒーリング TiLeaf(ティリーフ)
〒107-0061
東京都港区北青山3-10-2栄友ビル3F
(場所はアップル表参道店の道路を挟んだ向かいにあるコーチ表参道店が入っているビルの裏です。)