腰痛に鍼治療は効くのか? (アピタルの記事から)

| カテゴリー: 按摩・マッサージ・指圧新聞記事鍼灸

非特異的腰痛(原因がはっきりしない腰痛)には、鍼灸(はりきゅう)が効くという事を鍼灸やマッサージ(あん摩)をうけた人や鍼灸師自身が実感していると思いますが、アピタルにあらためて記事になっていたので雑感などを述べたいと思います。

腰痛に鍼治療は効くのか?
http://www.asahi.com/articles/SDI201703101032.html

米国の整形外科学会ではなく内科学会が公表とありますが、なんで内科なんだろう?
このあたりの経緯をもう少し詳しく知りたいですが、英語が読み書き出来ないので済みません。

アピタルの記事では、鍼治療を中心に解説されているようですが、温熱療法(ホットパックかな?)やマッサージ(あん摩)も「◎推奨1」となっています。
自分自身は、レッドフラッグもなく専門医の精査を受けて尚、腰痛がある人には、「運動できる人は運動で、諸般の事情で運動できない人は、鍼やあん摩の物理療法で」症状を除くという立場でいます。(今の所・・・)
また、ストレッチを希望されている方やストレッチが必要な方はストレッチも取り入れています。参考にしている図書は、「IDストレッチング」です。

腰痛と言えば、自分自身も2年ぐらい前に少し悩まされ、運動でも改善しないことから脊椎外科医の浅見先生に相談させていただいた事がありました。
実際診てみないとと言われましたが、あれよあれよというまに一緒にジムでワークアウトに・・・(笑)

背骨を立たせ続けることの難しさ
http://ameblo.jp/asaminaosan/entry-11999047185.html

ベルトと腹筋 腰椎の湾曲
http://ameblo.jp/asaminaosan/entry-11999144954.html


スクワット出来るぐらいなのに腰痛なの?と怪訝に思われるかもしれませんが、当時、動作時痛があったんです確か・・・。(笑)
また、重量もあまり扱えず悶々としていました。
普通の整形外科に行くと「安静にしてください」という指導と湿布の処方で終わるので、第一線で活躍している外科医でボディビルダーでもある浅見先生に相談した次第でした。(笑)

今でも感謝しております。(^^♪

IDストレッチング