触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか

| カテゴリー: 書籍

あん摩・マッサージ・指圧、鍼、灸を生業にしてから現場で遭遇した疑問等は、学生の時の教科書を読み返したり、書店に行って(紀伊国屋かジュンク堂が多いです)その疑問に触れている書籍を購入して勉強したりするのですが、その書籍のほとんどがいわゆる「専門書」の類です。

専門書のほとんどは、高名な整形外科医や内科医の講師や教授陣が執筆したPTやOT等を対象とした本です。あん摩師や鍼灸師を対象とした専門書は探せばあるのでしょうが、陳列されていなかったり内容が酷くて購入には至っておらずこういう状況は少し寂しい気もします。

そんな中、専門書ではないにせよ あん摩・マッサージ・指圧師が仕事に役立つ(であろう)書籍に出会いました!

Twitter を眺めていると医師でありジャーナリストでもある 村中璃子さんのツイートが目に留まりリンクにある書評を読むと俄然、興味を引かれ速攻購入しました。

「触れることの科学」なぜ感じるのかどうして感じるのか | デイヴィッド・J. リンデン(著)| 河出書房新社

今はまだ半分も読んでいませんが、専門書ではない為、一般の方にも読みやすく出来ているようです。Amazon のレビューでも医療や介護とは縁遠い方々のカキコも散見されます。

時間をみつけて読み進めようっと・・・